HOME施工事例 > 《建築家:藤原・室 建築設計事務所》 建築家:室喜夫、藤原慎太郎
施工事例

《建築家:藤原・室 建築設計事務所》 建築家:室喜夫、藤原慎太郎

《建築家:藤原・室 建築設計事務所》
向日の家 京都府向日市
建築主は、面白い家を建てたいということで、あえて扇形の敷地形状を購入したとのことでした。
住宅街の端に位置する敷地で、西には竹林、南面、東面ともに道路に面した敷地となっています。
 建築主の要望は、明るい環境のなかで、家族の気配を感じつつ、一室的な空間の中で家族が住まえたらという要望でした。
 そこで、3面が開放された敷地で、道路という条件と敷地形状を利用して、光を建物の中に導くことができないかと考えました。そこで、道路側のファサードには、大きなルーバーを設けました。奥行きのあるルーバーとすることで、道路を通過する人や車からは目線をある程度さえぎりつつも(基本的にはプライバシーはあまり気にならないとのこと)、光を家の中に導きいれました。ルーバーを道路に沿って段階的にずらすことで、時間の経過にあわせて、室内の表情の変化が楽しめます。
《建築家:藤原・室 建築設計事務所》
白山のスキップフロア 石川県白山市
大きな幅をもった階段が家を下から上へと貫き、風の流れの方向に建物を貫通しているので、開放すると風が気持ちよく流れていきます。階段に座って過していると真夏の日でも快適に過すことができます。階段を上がっていくと、そのまま階段に紛れるような格好でテーブルが造り付けられていて、階段の一部に座るような感じで、食事などができます。
《建築家:藤原・室 建築設計事務所》
四条大路の家 奈良県奈良市
全ての部屋が土間部分と繋がりがある計画をしてゆきました。
外観は漆喰の外壁と、いぶし銀色の鋼板屋根が大きく片流れで被さっています。
建物の配置は、南側の庭に向かって屋根が下りていきます。全体として、日を遮るように大きな庇が被さって、その大きな庇の下にいろいろな部屋があるような感じです。軒を深く頭があたる程低くしています。一間ほど外壁から張り出して、その下に広々としたぬれ縁部分があります。
内部は、深い軒部分があるので木製の建具の開口部を全開しておいても、通常の雨は入りません。また、あまり直接の日光は入らず、やわらかな間接光が部屋全体に広がり、所々のスリット状の窓が時間の移り変わりによって、いろいろな光の効果を作ってくれます。
《建築家:藤原・室 建築設計事務所》
佐用の平屋 兵庫県佐用郡 
細長い敷地に建つ平屋の住宅です。道のようなスペースが中央を貫き、そこでは、家族がそれぞれに、お茶をしたり、勉強したり、TVを見たり、昼寝をしたり、家族が思い思いに、時間を過ごすことができるスペースがあります。中央のペースがうねうねとすることで、つながりあうするスペースを、ぼこぼこと増殖させながら、室内には距離感が出て、さらには、敷地の東面に庭をつくりだします。スペースの使い方が時間帯によって変化するような、そんな住まいです。
《建築家:藤原・室 建築設計事務所》
上野芝の家 大阪府堺市
敷地の竿部分から敷地の中央を貫く“植栽の道”を通すことで、建物に開放性を確保することを提案しました。“植栽の道”は、建物を2分割して、建物内に南面の採光が取れる空間を確保すると同時に、その空間は“植栽の道”として建物の中心を横断します。その植栽の道を日々生活のなかで感じることができるよう、居室の空間構成をしています。
《建築家:藤原・室 建築設計事務所》
羽ノ浦の家 徳島県阿南市 
実家の隣地の畑に、住まい(夫婦2人子供3人を想定)を建てたいということでした。隣地の母屋との距離感を、つかず離れずでうまく取りながらも、この敷地状況を生かした建物を望まれました。
景色や風が変化する様子を楽しめるよう、周囲に開口部を配置しています。個室とLDKを、それぞれの延長として相互に利用できる、広がりのあるプランとなっています。建物周囲に、残土を利用した土山(表面は雑草除けの砕石)を風除けとして造成しています。花を生ける器のように、山ごとに植栽を植えていく予定となっています。
《建築家:藤原・室 建築設計事務所》
関屋の家 奈良県香芝市
中庭のある平屋の住まいです。
大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。
中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。
登美が丘の家 奈良県奈良市
奈良市の郊外に建つ注文住宅です。
北側に林が広がるという立地を素直に生かすことにし、景色を十分に感じることができる住宅を考えました。
メインである2階のLDKはワンフロアにし、南北をすべて開口にして壁を作らず、南側は高さ3メートル幅9メートル近くもある大開口とし、そこから内部に太陽の光がたっぷりとふりそそぎ、空が一面に広がるようにしました。。北側は、南側と同じ幅で天井迄窓があり、北側の林の風景を切り取っており、建物の内部に居ながらも自然を身近に感じることができるようになっています。
LDKを林の方向に出ると奥行きが一間の広い縁側の様なデッキバルコニーがあり、木を見下ろしながらゆっくりとくつろげるスペースも備えています。1階には玄関や浴室に面した一坪程度の中庭があり、通風と採光に配慮した空間構成となっています。
CONTENTS
愛知・三重の建築家の紹介
吉村 昭範
よしむら あきのり
D.I.G Architects
建築家一覧を見る
建築家のアスリート達
APOAスタジオのご案内
愛知・三重で店舗設計、デザインリフォームをお考えの方は資料請求もお気軽にお申込み下さい
入会のご案内はこちら
ASJ APOA スタジオブログ
強STYLE ブログ
モバイルサイト
モバイルコード(モバイル・スマートフォンサイトからもご覧頂けます)
twitter 愛知・三重のASJ APOAスタジオ
APOA+ 三重の自然派住宅
HABITA三重APOA
リ・ナチュレな生活 三重 人と自然にやさしい暮らし
アポアスタイル
三重APOA 店舗デザイン設計施工
三重APOA エクステリアガーデン
APOA不動産 三重の賃貸・売買不動産の御難愛
belive エクステリア・ガーデン
APOA プラス
APOA GARDEN SHOP
Belive株式会社
APOA住宅