HOME施工事例 > 三角敷地の家  建築家:村瀬充
施工事例

三角敷地の家  建築家:村瀬充

変形敷地に建つ、 コンクリート打ち放しのモダンな住まい

三角敷地の高低差が1.5m、敷地特性のある場所での住宅の計画である。

魅力のある三角形の敷地のモチーフを、そのまま内部の空間に反映し空間を構成しました。

高低差はそのまま、スキップ空間として、横や縦に連続した繋がりを持たせました。

内外ともコンクリートとして、無機質な表情として、置く家具や、照明の演出の仕方によって

、 お施主さんの好みである雰囲気を醸し出すような、インテリア空間を提案しました。

© 2013-2014 murase mituru atelier. All rights reserved

CONTENTS
愛知・三重の建築家の紹介
高橋 由起江
たかはし ゆきえ
アトリエ ガク
建築家一覧を見る
建築家のアスリート達
APOAスタジオのご案内
愛知・三重で店舗設計、デザインリフォームをお考えの方は資料請求もお気軽にお申込み下さい
入会のご案内はこちら
ASJ APOA スタジオブログ
強STYLE ブログ
モバイルサイト
モバイルコード(モバイル・スマートフォンサイトからもご覧頂けます)
twitter 愛知・三重のASJ APOAスタジオ
APOA+ 三重の自然派住宅
HABITA三重APOA
リ・ナチュレな生活 三重 人と自然にやさしい暮らし
アポアスタイル
三重APOA 店舗デザイン設計施工
三重APOA エクステリアガーデン
APOA不動産 三重の賃貸・売買不動産の御難愛
belive エクステリア・ガーデン
APOA プラス
APOA GARDEN SHOP
Belive株式会社
APOA住宅