HOME施工事例 > GAPs稲沢市国府宮の家
三世代が一つ屋根の下に暮らす二世帯住宅 愛知県稲沢市国府宮 建築家:二宮俊一郎
施工事例

GAPs稲沢市国府宮の家三世代が一つ屋根の下に暮らす二世帯住宅 愛知県稲沢市国府宮 建築家:二宮俊一郎

愛知県稲沢市国府宮(こうのみや)に建つ、「親・子・孫」合計7人の三世代が一つ屋根の下に暮らす二世帯住宅です。1階が親世帯、2・3階が子世帯というプログラムで、建築は矩形のボリュームに三層の中庭が挿入されたシンプルな構成。収納の多さが興味の対象の親世帯と、洗練された生活空間が興味の対象の子世帯。この両極端に位置する要望のGAP(間隔)をGAPで一つに内包した建築です。階層の差により緩やかな世帯間の交流を促すGAP(段差=吹抜)。細長い敷地形状をカバーしながら良好な住空間を確保する為に挿入されたGAP(隙間=中庭)。 GAP(間隔)をGAP(段差・隙間)で埋めGAP(間隔)を無くすというロジック。■第3回TASC賞/佳作
外観です。三台分の駐車スペースがあります。
夜の外観です。ガラス越しに階段が照らされているのが分かります。
吹き抜けで、二階からも光を取り込むリビングです。
隣にはダイニングテーブルがあります。
夜間は暖かく照明が照らします。
奥行きの広さを感じるダイニングとリビングです。
2階からリビングを覗きました。
白色で統一した階段と通路です。
1階のテラスから空を見上げてみました。
すりガラスの外には駐車スペースがあり、奥の斜めの壁は階段の裏側です。
階段から見下ろしてみました。
和室からテラスに繋がっています。

比較的大きな通りの側に建てられたお宅です。

関連の施工事例を見る

CONTENTS
愛知・三重の建築家の紹介
吉村 昭範
よしむら あきのり
D.I.G Architects
建築家一覧を見る
建築家のアスリート達
APOAスタジオのご案内
愛知・三重で店舗設計、デザインリフォームをお考えの方は資料請求もお気軽にお申込み下さい
入会のご案内はこちら
ASJ APOA スタジオブログ
強STYLE ブログ
モバイルサイト
モバイルコード(モバイル・スマートフォンサイトからもご覧頂けます)
twitter 愛知・三重のASJ APOAスタジオ
APOA+ 三重の自然派住宅
HABITA三重APOA
リ・ナチュレな生活 三重 人と自然にやさしい暮らし
アポアスタイル
三重APOA 店舗デザイン設計施工
三重APOA エクステリアガーデン
APOA不動産 三重の賃貸・売買不動産の御難愛
belive エクステリア・ガーデン
APOA プラス
APOA GARDEN SHOP
Belive株式会社
APOA住宅