HOME施工事例 > Double-Decker House 東京都大田区 建築家:長崎辰哉
施工事例

Double-Decker House 東京都大田区 建築家:長崎辰哉

2008年 東京
都内に建つ木造長屋。別々の玄関を持つ2つの住戸が上下に重層しています。
このプロジェクトでは、環境への配慮と住まいの温熱環境向上を強く意識しました。
軸組には東京多摩産の杉材を使用し、セルロースファイバー充填断熱やコンクリート躯体の外断熱、夜間蓄熱式の床暖房や高性能サッシを採用するなど、建設時と生活時の双方においてCO2の排出を抑制することを目指した全電化住宅です。 低燃費で快適な都市生活を当り前に実現するため、人と建築と環境の関係性を複眼的に追求しました。

建物正面には多くの小窓があります。

天窓のあるキッチンです。

吹き抜けにすることで、開放的なダイニングになりました。

いろいろな物が置ける棚のあるキッチンです。

浴槽の壁でも木を使っています。

CONTENTS
愛知・三重の建築家の紹介
永井 功太郎
ながい こうたろう
LIFEVISTA
建築家一覧を見る
建築家のアスリート達
APOAスタジオのご案内
愛知・三重で店舗設計、デザインリフォームをお考えの方は資料請求もお気軽にお申込み下さい
入会のご案内はこちら
ASJ APOA スタジオブログ
強STYLE ブログ
モバイルサイト
モバイルコード(モバイル・スマートフォンサイトからもご覧頂けます)
twitter 愛知・三重のASJ APOAスタジオ
APOA+ 三重の自然派住宅
HABITA三重APOA
リ・ナチュレな生活 三重 人と自然にやさしい暮らし
アポアスタイル
三重APOA 店舗デザイン設計施工
三重APOA エクステリアガーデン
APOA不動産 三重の賃貸・売買不動産の御難愛
belive エクステリア・ガーデン
APOA プラス
APOA GARDEN SHOP
Belive株式会社
APOA住宅