HOME > 建築家 岸本貴信
建築家の紹介

建築家 岸本貴信

写真家 市川かおり about house about house 敷地は大阪府和泉市、山を造成した大型の分譲宅地。道路から高さ2mほど上がったところが敷地となっている。こういった場合、一般的なのはコンクリート製のボックスガレージと言われるものを先に作り、その上に家を建てる。しかし、この地を住まいと決めたクライアントは『家に入るときに外階段を使わずに入りたい!』と言うことが要望であった。そこで考えたのがこの『階段の家』。以前より大袈裟に土を触り構造物を作るボックスガレージの上に家を建てる事に違和感を感じていた。道路からは高低差2m法面が存在する、その法面なりに家を考えられないか、造成を最小限に抑えるため法面なりに階段を作る、階段の途中にはさまざまなスペースを配置。その全体に法面と同じ角度の屋根を架ける、自ずと家が現れた。また、その階段はさまざまな高さのスペースをひとつの空間に繋げる、立体的なワンルームとなりクライアントのもう1つの要望『家族の距離感を大事にしたい!』と言う家となった。 detail
写真家 冨田英次 見渡す限りの田園風景。遠くには山間を望むことができる。この地を住処としたクライアント家族。辺りには農家の家々がポツポツと建つ農村である。主な要望は『庭のある、広々とゆったりとした家』住まう上で必要な居場所、そのそれぞれを”個”として捉える。一般的な四角の部屋を考えた時、庭いわゆる外との繋がりが四角四面の四方向と限定される。また、それら個が集合した時に家の機能を成す為、それらをただただ配列すると、それはまた四角四面の四方向の方向性に限られる。そうなると今回のこの環境に対してクライアントの言う要望にはそぐわないように感じた。 次に個の平面を円として考える。すると外との繋がりが放射状となり開放的になる。だが反面プライバシーに欠ける。内に向くにも外に向くにもそうである。そこでこの環境に対して、個を守りつつゆったりと外と繋げるには、個は四角を成し一方向のみ開放し中庭と繋げ、個の集合つまり家は個の角と角を繋ぎ角度を持ちながら円を描くように配列する。すると個のそれぞれは中庭を向き、家としては個と個の間(スキマ)より外と繋がる。スキマは次の個へ移動時に必ず通る為、生活の中で外と常に接する事となる。またこのスキマは三角の平面となるため、床と屋根でかなり強固な水平面を確保する事が出来る。外と中庭。生活の中で常に外を感じ広々とゆったりとした家がここに計画された。 detail ■建築地  :徳島県阿波市 ■用途   :住宅 ■構造・規模:木造2階建て ■敷地面積 :725.67 m2 ■建築面積 :158.32 m2 ■延べ床面積:138.96 m2 ■1階床面積 :129.95 m2
 ■2階床面積 : 9.01 m2 ■外壁   :シングル葺 ■屋根   :シングル葺 ■内部床  :杉板・モルタル金コテ押エ ■内部壁  :タナクリーム塗・ラワン合板 ■内部天井 :クロス貼 ■浴室   :FRP防水(在来) ■キッチン :造作キッチン ■撮影   :冨田英次 CLIENT 阿波町の家 PROJECT DATE 2013 CATEGORY WORKS SHARE THIS
CONTENTS
愛知・三重の建築家の紹介
建築家 長尾 健
長 尾 健 建 築 研 究 所 〒650-0002 兵庫 兵庫県神戸市中央区北野町4-7-14 第二スカイマンション503 TEL 078-242-3570 FAX 078-242-5064 事務所最寄駅 阪急、JR、阪神三宮 駅
建築家一覧を見る
建築家のアスリート達
APOAスタジオのご案内
愛知・三重で店舗設計、デザインリフォームをお考えの方は資料請求もお気軽にお申込み下さい
入会のご案内はこちら
ASJ APOA スタジオブログ
強STYLE ブログ
モバイルサイト
モバイルコード(モバイル・スマートフォンサイトからもご覧頂けます)
twitter 愛知・三重のASJ APOAスタジオ

APOA+ 三重の自然派住宅
HABITA三重APOA
リ・ナチュレな生活 三重 人と自然にやさしい暮らし
アポアスタイル
三重APOA 店舗デザイン設計施工
三重APOA エクステリアガーデン
APOA不動産 三重の賃貸・売買不動産の御難愛
APOA プラス
Belive株式会社