HOME > 建築家 半谷彰英
建築家の紹介

建築家 半谷彰英

マチノキ (2013) マチノキ_外観 この地で長く暮らす若い夫婦は、それぞれの仕事場を持ち、子供達と地域に愛される住宅を希望されていました。 敷地は周囲を高台に囲まれた谷地で、冬は敷地全体が日影になる場所であり、周囲からの見下ろしも配慮する必要があった。 外観は「坂と焼物の町」常滑の旧市街に残る煙突の形状や斜めの石垣、下見板張の壁に習い、台形の形とした。昔からある地域の技術、形式を受け継ぎながら、現代の材料、技術を加味する事で、より効果的に地域の環境と現代の生活を繋ぐ住宅をめざした。家の中心に建つ吹抜けは、環境装置としての役割を持つ。空からの光をルーバー越しの木漏れ日に変え、外部の余白と相乗して煙突効果による通風を発生させる。また冬は土壌蓄熱式床暖房の温熱を伝える空間として働く。いわば、家全体に光と風を届ける、家の中の幹。吹抜け周りには、スキップフロアが木の葉の様に取り付き、ルーバー越しの柔らかな風景の連なりがこの家の一体感を生み出す。緑の斜面に包まれた谷間に人々が集う、まちの「樹」となる住宅。 愛知県 木造3階建 共同設計:ウタグチシホ建築アトリエ 構造設計:寺戸巽海構造計画工房  施  工:誠和建設 株式会社 写真:杉野圭 「第25回すまいる愛知住宅賞」受賞 「住宅セレクションvol.4 『かしこい家』」 入賞
マチノキ 階段吹き抜け 木製 手すり
マチノキ 吹き抜け 階段 スリット壁
リビング ダイニング
岐阜県 木造 2階建 施工:高井建設株式会社 house OH (2010) 岐阜の田園風景の中に立つ住宅。 若い施主と生まれた子供のために、おおらかな風景に負けない、おおらかなスペースを内包した住宅を願った。 巨大なワンルームのなかに、個々の「よりどころ」のスペースを造るために、3枚の壁を挿入。壁を斜めにする事で空き地の草をかき分けて行くような奥行きを持たせた。家の中心には、ぽっかりと空いた「たまり」のスペースがあり、ここを中心に子供達や家族がにぎやかに過ごす風景をイメージしている。 気候と、ぽつぽつと住宅が建ち並ぶ周辺を考慮して、注意深く配置したポツ窓を基本とした。周囲の何気ない風景が切り取られ、魅力的なものに感じられる事を期待している。
外観
CONTENTS
愛知・三重の建築家の紹介
建築家 越前良太
樋口慧建築事務所 事務所 〒599-8237 大阪府 大阪府堺市中区深井水池町3391 080-4028-1671 072-278-6060 深井駅
建築家一覧を見る
建築家のアスリート達
APOAスタジオのご案内
愛知・三重で店舗設計、デザインリフォームをお考えの方は資料請求もお気軽にお申込み下さい
入会のご案内はこちら
ASJ APOA スタジオブログ
強STYLE ブログ
モバイルサイト
モバイルコード(モバイル・スマートフォンサイトからもご覧頂けます)
twitter 愛知・三重のASJ APOAスタジオ

APOA+ 三重の自然派住宅
HABITA三重APOA
リ・ナチュレな生活 三重 人と自然にやさしい暮らし
アポアスタイル
三重APOA 店舗デザイン設計施工
三重APOA エクステリアガーデン
APOA不動産 三重の賃貸・売買不動産の御難愛
APOA プラス
Belive株式会社