カテゴリー別アーカイブ: インテリアコラム

三重県津市 お庭の剪定 庭木のお手入れ 植木職人の丁寧なお仕事

  三重県津市にて、中庭のお手入れと庭木の剪定等のリフォーム相談を頂戴しました。 現場にお伺いすると母屋と離れの間にある中庭の木が、伸び放題にうっそうと生い茂っておりました。 二階の屋根に届くくらい伸びていた為、日中でも薄暗く日差しを遮られ、樋にも落ち葉が溜まり、オーナー様は大変困ってみえました。     下草も雑草にまみれてしまい、せっかくの灯ろうや石も草と土に紛れており、元の姿が分からない状態でした・・・。 もう10年以上お手入れされてない状況でしたが、明るくさっぱりとした綺麗なお庭を再生するために、アポアの職人さんが立ち上がりました!!     選定した葉っぱや落ち葉も綺麗に清掃してくれます。 土にまみれて姿を消していた灯ろうや鏡石、そして蹲などなど 水とブラシで綺麗に洗いながしてくださいました!!   ずいぶんさっぱりとしましたね!! あんなに薄暗かった中庭が、太陽の日差しを取り戻しお部屋の窓にも光が久々に差し込んでまいりました。   つくばいや灯ろうも綺麗になって、存在感を取り戻しました!! 10年以上うっそうとしていた庭木が綺麗になり、明るさと清潔感が蘇りオーナー様も大満足のリフォームができました。 今回のリフォーム相談は、この中庭のお手入れ以外にも、害虫駆除や開け閉めのし辛いドアの修理、外壁の張替え、畑の雑草抜き、境界のフェンスのお直し等、様々な悩みにお答えしております。 住宅やお庭回りのお悩みなら、私共APOAまでお気軽に何でもご相談ください!!   お問合せ・資料請求は APOAスタジオ Belive株式会社 https://belive.bz/contact それぞれの建築家の紹介は・・・・・ https://belive.bz/architect APOAスタジオ  イベント情報 https://belive.bz/event/  

カテゴリー: ASJ, お知らせ, インテリアコラム, リノベーション, 三重県, 中庭の家, 建築家との出逢い, 注文住宅, 津市 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

三重県 津市 建築家との家づくり 「理想のこだわりキッチン」 「お料理を楽しむキッチン」「家族の集うキッチン」 

お家づくりの際、こだわりたいポイントでもあるキッチンを紹介いたします。 毎日の食事を生む大事な場所。 調理のしやすさ、収納場所の確保、片付けのしやすさなどなど…たくさんのご希望が出てくるところだと思います。それぞれのライフスタイルに合わせてこだわりを形にしていきたいですね。 一例をご紹介します♪ こちらはシンク側からもコンロ側からのキッチンへ移動ができる対面式アイランドキッチンです。清潔感がありスタイリッシュで美しいデザインですね。開放感があり、お料理中もお部屋の様子が見れます。 対面式 の開放感のあるキッチンです。広い作業台とリビング側のアセントカラーが素敵です。お部屋のイメージや家具とのコーディネイトでお気に入りの空間が演出できます。 対面式の作業効率の良いL型キッチンです。シンプルでナチュラルなデザインがお部屋の雰囲気と合いますね。家族との会話も弾みそうですね。 壁付けのキッチンです。優しいイメージのキッチンですね。光の差し込む正方形の窓も素敵です。フロアカウンターにもたくさんの収納できます。 壁付けI型キッチンです。キッチン室が独立しているので、料理に集中できます。収納スペースをたくさん設けたり、作業台で書き物やレシピ本をじっくることもできますね。 キッチンの形だけでなく、コンロの種類をガスにするか電気にしようか、水洗の形はどれにしようか、お好みの形を楽しみながら見つけたいですね♪ ホームページは APOAスタジオ Belive株式会社 https://belive.bz/ お問い合わせは https://belive.bz/contact    

カテゴリー: ASJ, インテリアコラム, キッチン, 台所, 建築家, 未分類, 注文住宅, 食事の場 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

三重県津市 建築家との家づくり 書斎 コレクションルームのある家 趣味室のある家

  ご夫婦共通の趣味であるフィギュアのコレクション。 リビングや玄関などに、綺麗にディスプレーできるようにコレクションケースを設けました。楽しそうなご家族の雰囲気が伝わる写真です。 新築するなら、どうやって飾るか!?どうやって見せるか!!ここから計画がスタートしました!!     こちらはロフト階を活用して、モデルガンとフィギュアを陳列するディスプレーケースを設けた書斎になります。 ご主人様の自慢のお部屋になりました。 ☆今週のイベントは ⇒https://belive.bz/event/miraiwonozokujyutakuten-apoahotel-hallo.html ミニカーコレクションをされてきたご主人様のご要望から、階段横の壁面を利用して、コレクションケースを埋め込みました。 毎日二階へ上がる際や、一階に降りるときなど、階段の上り下り自体がワクワクするエリアになりました。 お子様も楽しそうに見つめられているのが印象的でした。     ご自身で長年にわたって描かれてこられた絵画や収集されてきた絵画を飾るためのギャラリールームを設けられた新築住宅になります。 ご夫婦で土地探しから一生懸命頑張られ、長年の夢を叶えられました。 ご夫婦は、終の棲家での新たな生活を満喫されておられます。   自宅の中にワーキングスペース兼書斎を設けられた事例になります。 横長にワイドな地窓を設け、綺麗な庭の景色を見ながらリラックスして仕事に取り組める、そんなスペースが出来上がりました。 自宅での仕事も、やりがいが出て はかどると評判です!!   たくさんの本をコレクションされておられるオーナー様のファミリーライブラリーになります。文庫の種別ごとに配置を考えられ、各種コーナーに分類できるように考えられております。 写真ではまだ本が置いてない状態なので伝わりにくいですが・・・ 休日には家族みんなが、デスクを分け合い 大好きな読書を楽しんで頂いております。   建築家との家づくり 始まりは建築家との出逢いからスタートいたします。 ご自身の趣味やコレクションを活かす家づくりも、建築家の得意分野になります。 お気軽にASJ APOAスタジオまでご相談くださいませ!!     お問合せ・資料請求は APOAスタジオ Belive株式会社 https://belive.bz/contact それぞれの建築家の紹介は・・・・・ https://belive.bz/architect    

カテゴリー: ASJ, いなべ市, お知らせ, インテリアコラム, 三重県, 三重県四日市市, 三重郡朝日町 川越町, 三重郡菰野町, 亀山市, 伊勢市, 伊賀市, 名張市, 四日市市, 家づくり何でもコラム, 家づくり無料相談会, 建築家との出逢い, 建築家の選び方, 志摩市, 未分類, 松阪市, 桑名市, 津市, 鈴鹿市 | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

三重県津市 建築家との家づくり ボルダリング クライミングができる家 トレーニングルームのある家

  いよいよ来年に迫ってきました東京オリンピック2020ですが、今話題のスポーツクライミングって皆さんご存知ですよね! オリンピックの正式種目で、ボルダリングとスピード、そしてリードの三競技から構成される注目のスポーツです。 そんなボルダリングを家庭でも気軽に楽しみたいと思う方が、最近増えてきてるように感じます。     家庭でも小さなお子様と一緒に、親子で楽しみたいと言うオーダーも増えてきています。 小さな頃から家庭内で、楽しみながらこういう事を経験できるのは、お子様にとっても素敵な体験ではと感じます。 三重県内でも津市や四日市にクライミングジムがたくさん出来てきましたが、どんなスポーツでも幼少時からやり始めると良いとも聞きますので、自宅で気軽に楽しくスタートできたら最高なのでは感じております。 建築家との家づくりでは、ご自身の趣味やスポーツに合わせた家づくりも可能になります。     津市内にあるこちらのお家にも、吹き抜けの天井を見上げると・・・ ボルダリングを登り続けていくと、その先にはご主人様の書斎へと繋がっていきます・・・ 夢があるお家って素敵ですよね ‟趣味から始まる家づくり” これも ‟建築家との家づくり” の醍醐味なのかと思います。     こちらはトレーニングジムさながらの機器を設置した、トレーニングルームのあるお家になります。 健康ブームの昨今、体を鍛えたいと思われる方も多いと思います。 こちらのお家では、ご主人様が身体を鍛えるための専用ルームを、新築の際には必ず設けたいとのご要望から出来上がりました。 ジムも地域にたくさん有りますが、時間や人目を気にすることなくトレーニングに打ち込めるので、ご主人様も大満足の空間になりました。 車に乗ってわざわざ出向かなくても良いし、雨の日だって自宅で気軽に鍛えられる!! 自宅で出来るって、めちゃくちゃ便利ですよね!     三重県内で、ASJ建築家ネットワークをご利用いただいた家づくりも、お陰様で400棟を超えました。 ASJが2002年に三重県でスタートして早17年が経過し、たくさんのオーナー様にお喜び頂いております。 これからもAPOAは、『建築家との家づくり専門店』として、皆様の多種多様なご要望にお応えできるスタジオを目指していきたいと思います。     お問合せ・資料請求は APOAスタジオ Belive株式会社 https://belive.bz/contact それぞれの建築家の紹介は・・・・・ https://belive.bz/architect    

カテゴリー: ASJ, いなべ市, お知らせ, インテリアコラム, 三重県, 三重県四日市市, 三重郡朝日町 川越町, 三重郡菰野町, 亀山市, 伊勢市, 伊賀市, 名張市, 四日市市, 家づくり何でもコラム, 家づくり無料相談会, 建築家との出逢い, 建築家の選び方, 志摩市, 松阪市, 桑名市, 津市, 鈴鹿市 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

三重県四日市市 建築家との家づくり 趣味室 シアタールーム 音楽室のある家  

  憧れのシアタールームが実現されました!! ご夫婦が一緒に、DVD鑑賞を大きなスクリーンと迫力のある音響効果で楽しまれるお部屋になりました。 休日が待ち遠しい・・・ こんなリッチな空間が我が家にあるって良いですね~~   ピアノの置き場所に困って見える方って、結構多いと感じます。 奥様が子供の時にご両親に買ってもらった大切なピアノとか。。。 新築の際に、今度は自分たちの子供にもピアノを弾かせてやりたいと仰るオーナー様も多いです。このお家では演奏を続けても耳が疲れない様に防音だけではなく、吸音したりする天井材や壁材を使用して、気持ちよくピアノが弾き続けられるルームになりました。     家族みんなが、ピアノやチューバなど得意の楽器でファミリーコンサートが演奏できる音楽ルームになります。 以前のお家では近隣に筒抜けになる為、中々演奏や練習が出来ませんでした。なので新築する際には必ず、遠慮なく演奏できる音楽ルームが欲しい!!この夢が実現されました。     建築家との家づくりでは、ご夫婦共通の趣味を満喫する部屋や、それぞれのコレクションを飾るお部屋、そして書斎・音楽ルーム・趣味室等々・・・ 家族が楽しめる部屋があると、家にいる時間が更に楽しめるようになりますね!! この住宅のシアタールームは、半地下に設けられています。週末に映画やDVD鑑賞でくつろぎたい時、防音の整ったこの部屋が大活躍します。 その他、趣味のギター演奏を奏でたり、大音量で音楽を聴いたり、ご近所に迷惑を掛けることなく思いっきり楽しめるお部屋になりました。     建築家との家づくりなら、どんなリクエストにもきっちりお応えして頂けます。 皆様のこだわりと思い入れを、ぜひ建築家に相談してみてください!!   お問合せ・資料請求は APOAスタジオ Belive株式会社 https://belive.bz/contact それぞれの建築家の紹介は・・・・・ https://belive.bz/architect    

カテゴリー: ASJ, お知らせ, インテリアコラム, 三重県四日市市, 家づくり何でもコラム, 家づくり無料相談会, 建築家との出逢い | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

三重県 建築家との家づくり スタディーコーナー 音楽ルーム あれこれ

リビングの近くに併設されたスタディーコーナーになります。 二世帯住宅の住宅の中で、親世帯と子世帯が繋がる位置に設けられました。 親世帯から見るとお孫さんにあたる子供たちが読書をしたり、勉強したりする姿がいつも身近に感じられます。 またデスクの前に設置された開口部の向こう側には、対面キッチンに立つお母さんの姿も見える位置関係になります。 お母さんも家事をしながら子供の勉強姿を確認できるので、お互いに安心して集中できるように工夫されております。 ただ、面白い試みが一つありまして。。。。 実は子供の側から大きな開口部を閉めることができるように、建具が仕込んであります。 見られることを拒否したいときは、扉が閉めれると言うような・・・(^_^;)   背面には本がたっぷりと収納できる、造り付けの書棚もあるので、安心ですね!! 読書好きなご家族の家には、ファミリーライブラリー(図書館)が設けられました。 家族それぞれの座る位置も決めてあり、それぞれの本や雑誌も配置が決められております。 二階のインナーバルコニーから差し込む穏やかな日差しの下で、休日や余暇の時間を読書や勉強に費やすことができる、豊かな空間になりました。 キッチンの真横に併設されたキッズスペースになります。お子さんが小さいときは、家事で忙しいママが作業中でも、真横でママの存在を感じられる位置で遊んだり、お勉強したりできるスペースをつくりました。 お子さんが成長された後も、ママの家事コーナーとして将来は活用できるようにと、色々と配置などを工夫してあります。 床もあえてスキップフロアーとして、高さを変えてあるのですがこれも色んな意味がふくまれてるんですよ~ リビングの有り方や家族のつながり方、そしてお子様の居場所など、いろんなバリエーションが考えられますね。 間取りのあり方ひとつで、家の中の楽しみ方も無限の可能性を秘めています。 リビングの近くにファミリーコンサートが開かれる音楽スペースをつくりました。 お子様はピアノ!パパはギター!!ママは?? リビングとの仕切りは、フルオープンにできる開閉式の引き戸が設置され、シーンに合わせて閉じたり、開いたりが簡単に出来るように配慮されております。 パパやママは、お子様が楽しく演奏される姿をソファーやキッチンから、見守ることができる。そんな素敵な間取りになっております。   お問合せ・資料請求は APOAスタジオ Belive株式会社 https://belive.bz/contact それぞれの建築家の紹介は・・・・・https://belive.bz/architect  

カテゴリー: ASJ, お知らせ, インテリアコラム, 家づくり何でもコラム, 建築家との出逢い, 未分類 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

カーテンスタイル

こんにちは APOA名古屋店 です 今日は、前回に続き窓周りについてです カーテンレールを使う左右に開けるタイプのカーテンスタイルも 縫製の仕方があります まずは、ヒダの数に注目! カーテン上部にヒダを3つ山で取るスタイル 窓に対して2倍~2.5倍の生地を使用するため 生地のドレープがゆったりと出て 高級感あるインテリア空間を演出できます (画像出典:GOYO INTEX)     上部にヒダを2つ山で取るスタイル 窓に対して1.5倍の生地を使用するため 3つ山に比べスッキリした印象になります (画像出典:GOYO INTEX)     大きな柄などデザインを見せたいときに有効な 上部にヒダを取らない フラットスタイル(左)と 生地をレールに通すハトメスタイル(右)です (画像出典:GOYO INTEX)     カーテンレールにタブという 布テープで カーテンを吊るすスタイルです ナチュラルな雰囲気を演出します (画像出典:川島織物セルコン)   同じオーソドックスな左右に開閉するスタイルでも 縫製の仕方を変えるだけで インテリアのイメージが変わってきます カーテンを選ぶ際には生地のデザインに合わせて 縫製の仕方も考えてみると よりインテリアのイメージが統一してくると思います   … 続きを読む

カテゴリー: インテリアコラム | タグ: , | コメントをどうぞ

窓装飾 存在感のあるカーテンレール

こんにちは APOA名古屋店 です 今日は窓装飾について少しご紹介! カーテンのデザインはとても多くの柄、色味、生地感などがあり それによってインテリアのイメージが大きくかわってくるので 悩まれますよね 窓周りは、カーテン生地以外にも考えることが沢山あります スタイルについても多くありますが今回はカーテンスタイルについてです 生地が決まったらカーテンをどのように掛けるか決めましょう           左側は窓の上にカーテンレールを設置したイメージ 右側は天井にカーテンレールを設置したイメージ 通常は窓の大きさに合わせてカーテンを取り付ける 左のようなスタイルが多いと思います 天井よりカーテンを取り付けると お部屋が広く感じます また 大きな柄の生地もダイナミックに演出できます カーテンレールも色々とデザインがあり 生地とイメージを合わせると統一感がよりでます         存在感のあるアイアンレールで印象的な窓辺を演出したり (写真左) アンティークなゴールドデザインのレールはクラシカルな雰囲気を ( 〃中央) 木目のカーテンレールはやさしい窓辺を演出してくれます ( 〃右)     他にも … 続きを読む

カテゴリー: インテリアコラム | タグ: , | コメントをどうぞ

住まい手にフィット!オーダーキッチンのススメその2

前回に引き続き、オーダーキッチンをテーマにお話します。 〉〉住まい手にフィット!オーダーキッチンのススメその1はこちら 今回は、キッチン導線の考え方と、キッチンのスタイルについて。   導線の決め手、ワークトライアングルとは お料理をするときをイメージしてみてください。最初に冷蔵庫から食材を取り出し、シンクで洗う。きった食材をコンロで調理する。冷蔵庫→シンク→コンロという3点の動きが浮かび上がります。つまり、この動きを出来るだけスムーズに行うことが作業効率を上げるポイントとなります。   広い=作業効率が良い、ではない もう一つここで注意したいのが、広さと作業効率がイコールではないということ。確かに広いカウンターは作業がしやすく便利ですが、さまざまな動作を一人で行わなくてはいけないのでキッチンが広すぎると行ったりきたりがとても大変です。このようなことを踏まえてスタイルを考えていきます。   キッチン基本の3スタイル オープン型:キッチンとダイニングスペースの間に仕切りがないスタイルです。オープン型の中でも、壁付けタイプと、対面タイプに分かれます。         クローズ型:ダイニングスペースからは少し隔離されたようなスタイルです。 セミオープン型:オープンタイプとクローズタイプの中間のようなスタイルです。ダイニングスペースと仕切りがありますがカウンターで空間が繋がります。     自分のための「キッチンワークトップの高さ」 自分の身長に合わせて、高さを変えられる。これこそオーダーキッチンのいいところではないでしょうか。高さの目安は一般的に『身長÷2+5cm』。そこを基準にしながら、高さを調整します。   日ごろのキッチンをすっきりさせるために キッチンは、なるべくすっきりさせておきたいもの。そのためにも、現在あまり使用していない食器などは思い切って処分し、収納計画を立てましょう。   いかがでしたか? 忙しい時間も、効率よく過ごすことができるように、キッチンの配置はとっても大切ですね。 次回は、キッチンの型について、それぞれのメリットデメリットを踏まえ、お伝えしていきたいと思います。 それではまた次回!    

カテゴリー: インテリアコラム | コメントをどうぞ

住まい手にフィット!オーダーキッチンのススメその1

注文住宅をやっていると、こだわりの強いお客様にたくさんお会いします。日々の生活を、こだわって丁寧に暮らす。それってなかなか難しいことではないでしょうか。 APOAはそんな毎日を頑張るみなさま、ご家族の家づくりを応援したいと考えています。 今日は中でも、「ママ目線の家づくり」を考え、キッチンのことについてお話します。(最近は女性だけではなく、男性もキッチンに立つ機会が増えていますね!)   キッチンについて考える。 おうちを立てるとき、企画住宅にするか、注文住宅にするかという選択肢がありますがキッチンを考えるときに、「オーダーキッチン」を選択肢に考える人は、どのくらいいるでしょうか。 キッチンは、朝のお弁当作りからはじまり、夕飯の後片付けまで「長い時間いる場所」です。 そんな長い時間を過ごす場所が、自分にあった楽しく効率のいいものであったら嬉しいですよね。     システムキッチンかオーダーキッチンかという選択 まずシステムキッチンのショールームを回ってから、オーダーキッチンのショールームに行く方がほとんどです。 システムキッチンか、オーダーキッチンかという選択は、「自分が何を優先するか」ということで決まります。 もちろんシステムキッチンは、機能性を重視し平均的な使いやすさと設備が備わっており、「キッチンに自分が合わせて使いこなす」ことができれば十分に満足できるものです。 対する、オーダーキッチンは「自分にキッチンを合わせる」ということです。慎重に合った高さや、使い勝手のいい広さ、機能素材、色、全てを自分で選択し、予算に見合ったものを作ることが可能です。   ―失敗しないキッチンづくり6つの秘訣― 1、不満点を挙げてみる 今まで使ったキッチンでの不満に感じたことを挙げてみてください。新しいキッチンでは、何が本当に必要なのか、何が要らないのかが見えてきます。     2、こだわりたい部分の優先順位を決定する。 理想と現実は違い、予算に限りがあります。限られた予算の中で、自分の希望を叶えていくためには、必要なものの優先順位が大事になってきます。お金をかける部分と、押さえる部分をふまえて計画すれば、むやみやたらな予算オーバーにならず、全体をローコストで仕上げることも可能です。     3、素材への理解を深める 雰囲気重視で、素材を選んでしまうと、使ってみて掃除がしにくかったり、扉が開けにくくなってしまったりといった問題が起こりかねません。素材は、特徴を理解し、適材適所に問いいれることが大切です。     4、家全体のバランスと手入れのしやすさを考える 先ほどから、キッチンにばかりフォーカスしてきましたが、視野を広げて家全体とのバランスや、手入れのしやすさの確認をすることが必要です。       5.「設備機器」は憧れではなく 必要性で検討する設備機器とはコンロや食洗機のことですが、単なる憧れで購入してしまっては、思わぬ失敗をしてしまいます。無理なく使いこなせるか、本当に便利になるのか検討してから選ぶ語とが重要です。また、ガスコンロやIHは本当に好き好きですので、ショウルームで実際に体験して決めることをおすすめいたします。     6、既設家電が多い場合はコンセント・アースの数を把握する 既にお持ちの電化製品を引き続き使用される場合は、配置を考えた上で、プランづくりに臨むことが必要です。使用頻度やタイミングを整理することは作業効率を高めるためにも、必要なプロセスですね。また、配置がばっちりでもヒューズが飛んでしまったら話しになりません。電圧をあげたり、分散させ、家電の同時使用の際でも飛んでしまわないようにしましょう。 … 続きを読む

カテゴリー: インテリアコラム | コメントをどうぞ