HOME > 中庭のある白い平屋 建築家 山田直貢
施工事例

中庭のある白い平屋 建築家 山田直貢

平屋だけど少し背が高い外観になりました。コンクリート打ち放しの擁壁で目隠しされております。
中庭の夜景 様々な植木とデッキがライトアップされております。
平屋を生かした広がりのある家 木曽川に程近い、古い街並みが残る住宅地に計画された2世帯のための平屋の住居です。旗竿形状の広い敷地の特徴を生かし、道路の気配を感じない中庭型のプランをご提案しました。 外部アプローチで訪れる人を迎えるのは、造園された木々の緑とコンクリート打放しの自立壁。エントランスをくぐると天井の高い空間に再度コンクリートの壁が現れ、内外が連続したような感覚のもと、中庭の緑が視界に入ります。 腰高ほどの高低差を設けたダイニングキッチンは中庭の全景とリビング全体が見渡せ、家族が自然に集まる場所。リビングは中庭のデッキとつながりながら高い天井を感じられる寛ぎの場所としてしつらえられました。 外壁のホワイトと共に白く纏められた室内では床の古材オーク、キッチンのブラッククオーツ、壁面のアクセントタイルが穏やかな質感を纏め上げています。 中庭の木々が風に揺れ、ここだけの静かな時間が流れる住宅が完成しました。
オーダーキッチンから中庭を望めます。綺麗な景色を見ながらのお料理は毎日楽しいです
奥行き感のある清潔な玄関  外壁から連なるコンクリートの打ち放しの壁とタイルが壁面を彩ります。 靴の脱ぎ履きが容易になるベンチ 結構便利です。 ガラス越しに中庭が見渡せるので奥行き感が更に広がります。
夕暮れ時には植栽や外壁をスポットライトが照らし出し、昼間とはまた違う表情を見せてくれます。 中庭の大きな植栽が安心感を与えてくれます。
建築の全体と詳細をコントロールする 住居部分50坪+収納面積20坪+中庭という住宅としては比較的大きなスケール。空間のボリュームを把握し、視線の抜けとその先の外部や植樹との関係性を構築するため、模型とCGを繰り返し作製しながら開口のサイズや素材の切替えを検証し、その結果を現場や造園家と共有しました。 2世帯住宅というオーダーの中で、基本的な使いやすさや使い勝手を常に再考しながら設計と現場が進められました。建具や家具といった特に手が触れる部分の形状、床材の切替え部分のわずかな段差、取手やスイッチの高さ、手摺りの質感等々…住み手に合わせた寸法や素材を検証し現場との共有がなされました。

関連の施工事例を見る

CONTENTS
愛知・三重の建築家の紹介
建築家 岸本貴信  
1974年 兵庫県    生まれ 1997年 福山大学工学部建築学科 卒業 1997年 株式会社瀬戸本淳建築研究所 入社 1999年 井内清志建築研究室(現 有限会社アトリエSORA) 入所 2007年 一級建築士事務所CONTAINER DESIGN 設立 2015年 株式会社一級建築士事務所CONTAINER DESIGNとして法人化 受賞歴 1997年 毎日DAS設計コンペ入選 2005年 E・家・くらし 住まいの設計コンテスト 入賞
建築家一覧を見る
建築家のアスリート達
APOAスタジオのご案内
愛知・三重で店舗設計、デザインリフォームをお考えの方は資料請求もお気軽にお申込み下さい
入会のご案内はこちら
ASJ APOA スタジオブログ
強STYLE ブログ
モバイルサイト
モバイルコード(モバイル・スマートフォンサイトからもご覧頂けます)
twitter 愛知・三重のASJ APOAスタジオ

APOA+ 三重の自然派住宅
HABITA三重APOA
リ・ナチュレな生活 三重 人と自然にやさしい暮らし
アポアスタイル
三重APOA 店舗デザイン設計施工
三重APOA エクステリアガーデン
APOA不動産 三重の賃貸・売買不動産の御難愛
APOA プラス
Belive株式会社